イタリアンを提供するお店の店舗デザイン

印象に残るイタリア料理のチェーン店の店舗デザイン

印象に残っているイタリアン専門店の店舗デザインをご紹介します。
家族連れも利用するイタリア料理のチェーン店は明るい雰囲気です。
店内の壁には壁画のようにイタリアンの食材となる新鮮な緑や赤色の野菜の写真が大きく貼りだされ、その上や横にはイタリア語を使い、提供している料理のレシピが書き連ねられています。
厨房も客席から見えるようになっていて、厨房の上には黄緑色の透明感のある屋根が付いていて、ここに書かれているのもイタリア語です。
案内される机の間には小さな半透明の仕切りがついていて、ソファ席の背中にも視界を遮るように木枠の付いた半透明の仕切りが付いています。
木枠には、さらに食器のシルエットに切り抜いた木が貼り付けられているので、工夫が感じられるでしょう。

この仕切りがあるので、座席から見渡した時にソファの後ろには天井から釣り下がる白いランプシェードが見えるだけで、お客さんとは目が合いません。
背もたれが格子になっている木椅子が座席ごとに置かれ、向かいにあるソファはやや明るい落ち着いた黄色の、ストライプ柄が付いていて、店内全体を明るく見せています。
机は肌色に近い木目柄のプリントがなされているものと、赤とピンクが走るチェック柄のテーブルクロスが掛けられたものがあり、机の脇にはラタンで編まれたようなバスケット風のカトラリーケースが設置されていますが、ここにはフォークやナイフとペーパーナプキンが一緒に入れられています。

印象に残るイタリア料理のチェーン店の店舗デザイン : 店内は大人っぽく落ち着いた雰囲気 : 整然としつつソファ席も設置されている